2011年には「ドラえもん」でアニメの声優に挑戦しています。
福山雅治をイメージしたキャラクター「福山雅秋」がドラえもんに登場したことで自身のラジオ番組で「福山雅秋役で出してほしい」と発言したことがきっかけのようです。
3時間スペシャルと同年公開された映画にも出演し、同映画のナレーションも担当しています。
こう考えると、視聴者に人気ラジオ番組をしていることも運命的に思えてきます。
福山雅治さんは「しずかちゃんが大ファンだという設定でとても嬉しかった」と語っています。
このことは、芸能界に入って2番目に嬉しかったことだそうです。
ちなみに、1番目は人気歌手の「ビヨンセ」に「アイ・ライク・フクヤマ」と言われたことだと語っています。
芸能界に入ってからの夢は3つあるそうです。
「笑っていいとも」に出演すること、「オールナイトニッポン」のパーソナリテイーになること、「徹子の部屋」に出演することだそうです。

このうち、最近まで「徹子の部屋」に出演することだけが実現していなかったがスペシャル番組で出演することができ、芸能界にはいってからの夢が叶ったそうです。
今度は、スペシャル番組ではなくレギュラー放送に出演してもらいたいと願います。
オリコン調べによると「男性がなりたい顔ランキング」で5連覇を達成しており殿堂入りを果たしています。
最近結婚もされて、ますます魅力的になる福山雅治さんから目が離せません。